ホーム>過去作品集>第19回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1999-

過去作品集

※ 作品に関するデータはすべて受賞当時のものです。

第19回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1999- (平成11年)

第19回大阪府知事賞

くずはローズ幼稚園
講評
くずはローズ幼稚園

くずはのまちは郊外住宅街として成熟してきた。その一角にあって整った街路に面する園地を、適度に見通せるトレリス樹壁とその足下の可憐な帯状の花床で包み、その向こうに低く屋根でおおわれた軽快なデザインの園舎が垣間見られる。道をまわり込んだ場所にある園舎のエントランスは、空間の透明性・解放性ともに高く、園児はもとより、まちの人々も気楽に見通して、子供たちの楽しい気配と一体になれる施設が生まれている。良きまちの幼稚園と言うにふさわしい。

概要
建築位置枚方市南楠葉1‐4‐1
完成年月平成10年2月
主用途学校
建築主学校法人北山学園
設計者竹中建築設計一級建築士事務所
施工者株式会社藤木工務店

第19回大阪市長賞

扇町キッズパーク
講評
扇町キッズパーク

扇町公園に隣接し、天六筋方面に結びつくこの土地をいかに活かすか、これは興味深い計画課題であったと思う。それに対して、子供と家族が共に触れ合う広場を、情報化の先端を行くテレビスタジオとの複合体に仕立て、市民との強い関わりを生み出す場づくりをした。そして公園の緑・まちの人間性相方の橋わたし役となる景観づくりを行っている。その点この建築デザインは面白い効果を生み出している。コンパクトなボリュームと、シンボリックな表現効果を色彩で補った面白さも評価したい。

概要
建築位置大阪市北区扇町2‐1‐7
完成年月平成9年3月
主用途事務所、集会場、展示場、TVスタジオ
建築主大阪市北区扇町開発土地信託共同受託者(住友信託銀行株式会社、株式会社大和銀行)
設計者株式会社安井建築設計事務所
施工者竹中・大林・住友・鴻池建設共同企業体

第19回大阪府建築士会長賞

大阪芸術大学総合体育館
講評
大阪芸術大学総合体育館

コンクリート打ち放しの並ぶキャンパスの奥深く、突然巨大な広場が現れる。弧を描いて広場をなかば包み込むガラスの壁は、未だ屋外に立つ自分を忘れさせる。4次元の壁を抜けるとこんな感覚を覚えるものだろうか。屋外に集い、踊る人を透明な内から眺めている自分に気付くのである。芸術を志し、夢を膨らませる若人への素晴らしい贈り物が生まれた。此処で学び演じられる彼らの姿や作品がこの空間で、市民の目に触れるなら、どんなに素晴らしいことだろう。

概要
建築位置河南町東山469
完成年月平成10年7月
主用途学校
建築主学校法人大阪芸術大学
設計者大成建設一級建築士事務所
施工者大成建設・前田建設共同企業体

第19回特別賞

和泉市久保惣記念美術館新館
講評
和泉市久保惣記念美術館新館

ゆるやかにむくりをつけ、深々と差し出された、大和瓦葺きの屋根が、水平にのびてゆくすがたは、白壁と心地よい対比をみせ、凛としてすがすがしい。前面の石畳の庭は、引きをもたせることにより、屋根の表情をいっそう際だたせている。中央のガラスのエントランスを透して見える中庭の緑は道行く人にも魅力的である。外部空間と一体となった姿は、数奇屋建築の原点ともいえるさわやかさを示している。本館、ホール棟、新館と17年間にわたり整備されてきたこの美術館が、泉州の文化環境の向上に果たした役割は、多大なものがあり、高く評価したい。

概要
建築位置和泉市内田町3‐6‐12
完成年月平成9年10月
主用途美術館
建築主久保惣株式会社
設計者株式会社竹中工務店
施工者株式会社竹中工務店

第19回奨励賞

應典院
講評
應典院

建築内部2階のメインホール前まで、街路と隔てのない空間として誰でも自由に立ち入れるように設計されており、應典院の活動テーマ「気づき・学び・遊ぶ」を建築全体で表現している。ここから上町台地の緑を見る時この建物の意味に気づく、精神性の高い建築である。

概要
建築位置大阪市天王寺区下寺町1‐1‐27
完成年月平成9年3月
主用途寺院
建築主大蓮寺
設計者高口恭行・造家建築研究所
施工者戸田建設株式会社

第19回奨励賞

S・T・MUANA
講評
S・T・MUANA

平面配置の微妙な変化と分節によって巧みに違和感威圧感をとりのぞき、地域にふさわしいヒューマンな生活感が生まれている。加えて、自然な色彩と素材を多用した長持ちのするデザイン、最新のディティル、1階空間と町との視覚的一体感など、今後建設されると考えられる同種建物の1つのモデルとして高く評価したい。

概要
建築位置大阪市平野区長吉出戸3‐1‐51
完成年月平成7年1月
主用途共同住宅
建築主杉中駒太郎
設計者株式会社田中啓文総合建築研究所
施工者株式会社辻本工務店

第19回奨励賞

門真市立市民交流会館 中塚荘
講評
門真市立市民交流会館 中塚荘

静かな狭い街路の家並みを抜けると、ホッとして一息入れたくなるような空間に立っていた。其処には太い控え柱に支えられた古いお寺と市民交流会館と公園とが仲良く肩を寄せ合って気取らない地域の町並み景観が継承されていた。改築された会館佇まいからは寄贈された初代門真市長中塚父子のほのぼのとした人柄が偲ばれる。

概要
建築位置門真市月出町11‐1
完成年月平成10年4月
主用途公会堂、集会場
建築主門真市
設計者株式会社浦辺設計
施工者株式会社中道組

第19回奨励賞

阪急ヒルズコート高槻
講評
阪急ヒルズコート高槻

緩やかな傾斜地に配列された建物群は自然を保った「まちなみ」として美しい。通路、広場のありようも外部空間として個性的である。建物の上部に配色された渋味のある赤系のアクセントカラーは集合住宅にありがちな画一感と単調さを回避させている。外壁の色がもう少し明るいと全体の雰囲気が明快になるであろう。

概要
建築位置高槻市上土室1‐1‐1
完成年月平成9年1月
主用途共同住宅
建築主阪急電鉄株式会社
設計者株式会社大林組本店一級建築士事務所
施工者株式会社大林組

ローカルナビゲーション

Adobe_Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには“Adobe_Reader”が必須です。
Adobe_Readerは、Adobeのホームページから無料でダウンロードできます。
(新規ウィンドウで開きます。)

本文内容はここまでです。これより下は、大阪都市景観建築賞運営委員会の案内情報(主催、住所、Copyright)です。また、本文にジャンプします。